施設のご案内

 
 
設 備
  最新鋭 320列 CT 導入
   このたび、心臓をわずか0.35 秒で撮影完了する320 列マルチスライスCT 「Aquilion ONE」東芝メディカルシステム製を導入いたしました。
 従来使用していた64 列CT では、心臓を栄養する「冠動脈」を撮影するのに約7~10 秒の時間がかかりましたが、 今回導入した「Aquilion ONE」では、1回転のスキャンだけで心臓全体の撮影が可能であるため、わずか0.35 秒で撮影完了することが可能となりました。これにより患者様の呼吸を止める時間も大きく短縮され、楽に検査を受けることができます。また造影剤の量も少なくできるため、 総じて検査時における患者様の身体的負担も大きく軽減されます。
  以前は不整脈疾患をお持ちの患者様や、脈拍が速い状態での撮影が困難なこともありましたがその際でも、より確実に簡単に撮影することができるようになったため、CT 検査での冠動脈撮影がより多くの患者様に適用できるようになっています。 検査は寝台に楽な姿勢で横になっているだけでリラックスしながら受けられます。
 当院では、最新鋭のCT 装置を導入し、今後も心臓疾患をお持ちの患者様向けに、より迅速なより良い診療をご提供させていただきます。
img-4 img-5 img-6 img-7 img-8 img-9
冠動脈CT
下肢CT  
  ハイリスク(喫煙、高血圧糖尿病、肥満)の方は検査してみましょう。 ステントの入った方も検査できます。   足の痛み、しびれのある方は検査してみましょう。  
 
  320列マルチスライスCTのメリット
  1. 高精細画像で病変の区別が明瞭
  2. 一度に広範囲の撮影が可能なため、撮影時間が短く短時間の息止めで検査が可能
  3. 造影剤の使用量が大幅に低減
  4. 被爆量は従来の4分の1に軽減
  5. 従来難しかった、不整脈や高心拍の方の検査が可能
 
  こんな方はCTを受けましょう
  ・胸痛、徐脈、頻脈のあるかた
  ・ハイリスク(喫煙、高血圧、糖尿病、肥満)のあるかた
  ・ステントを入れてから、時間の経過したかた
  ・心臓病の早期発見と治療を望む方
   
  心臓カテーテル室血管装置
  最新鋭のアンギオシステムを導入し、
心臓を養う血管(冠動脈)や大動脈を高画質で撮影し診断や治療をすることができます。
ASO(閉塞性動脈硬化症)の治療にも活用できます。
外来の様子
 
  待合室   待合室
 
       
   
  4人病室 特別個室